いなば和幸閉店


 
 イトーヨーカドー南大沢店が入居する商業施設ガレリア・ユギ。その5階レストランフロアで長年営業を続けてきたとんかつ店「いなば和幸」さんが閉店しました。閉店は5月31日付。

 
 いなば和幸は東京都に本社を置くレストランチェーン和幸株式会社が展開する主力業態で、とんかつレストランとして全国の百貨店やショッピングセンターに出店。ガレリア・ユギでは、オムレツレストランラケルさんとともにレストラン街を構成してきました。

 元々は柚木そごうのレストラン街としてスタートしたガレリア・ユギのレストラン街。中華料理店やラーメン、イタリア料理店なども入居していましたが、次第に店が減ってゆき、残るはラケルさんのみとなってしまいました(涙)

 東京ミートレアなど周辺の商業施設に飲食店が増える一方、高いテナント料を支払いながら営業することは厳しいのでしょうか。現在、ガレリア・ユギの5階フロアは書籍と文具の文教堂さんや手芸用品店のドリームさん、さらには英会話や音楽教室、カルチャーセンターといった趣味性の高い物販や教室などがほとんどを占めています。

 一方で南大沢駅前はゆっくりくつろげる喫茶店などが少な目。もう少し飲食店の幅が広がるといいんですが…

     ◇

 ※ 地図はこちら



テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

おしゃれな飲食店が出店か


 
 多摩市唐木田の東急自動車学校裏の空き地に株式会社グレープストーンさんが事業所を建設するようです。

 グレープストーンという名前はご存じない方も多いかもしれませんが、東京土産として定番の「東京ばな奈」を製造販売している会社です。ほかにも洋菓子の「銀のぶどう」やバームクーヘンの「ねんりん家」など、東京を代表する銘菓ブランドを多数展開しています。

 尾根幹線道路と平山通りの交差点(ぐりーんうぉーく多摩角)から、平山通りを少し南に進んだ奥まった立地で、周囲には自動車学校のほか、大和証券グループの研修センターやKDDIのデータセンターが立ち並んでおり、一般人はあまり通らない場所。かつてご紹介した八王子みなみ野シティの榮太樓總本鋪さんのような工場兼売店のような事業所なのかと思いきや…

 
 主な用途はなんと「物販飲食店舗」となっているではないですか!!しかも開発区域の面積は7493㎡、地上4階建てのかなり大きな建物。

 裏手にはよこやまの道が通っており、散策の途中で食事やティータイムに利用できるおしゃれな施設ができると素敵ですね。
 来春着工、その1年後の完成を目指す計画のようです。

 なお、見出しを含め、掲載内容は現時点での管理人の希望的観測を含んでいます。
 続報が出ましたらまたご報告いたします。


 ※ 関連リンク

 栄太郎総本舗さんの八王子売店をご紹介した時の記事「おいしい和菓子をお得に購入」はこちら

 グレープストーンさんの企業公式サイトはこちら

     ◇

 ※ 撮影地点はこの辺です



テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

京王線の連続立体交差事業進展中


 
 東京都が主体となって2013年度から進めている京王線の連続立体交差事業。2022年度までに笹塚(渋谷区)―仙川(調布市)の約7.2キロの区間を、主に線路を高架とすることで踏切25か所の除去を目指しています。

 写真は桜上水駅南側の様子です。右側のフェンスが京王線の線路。左側の空き地は旧京王ストア桜上水店の跡地です。店は線路を挟んで反対側に移転し、現在はキッチンコート桜上水店として営業中です。

 元の店舗は写真の通り取り壊され、事業用地として確保されています。駅前でありながらちょっと寂しい雰囲気になっていますね。

 京王線を利用して多摩地区と都心を行き来されている方は、車窓から見慣れた建物が徐々になくなり、事業の進展を実感している方もいることと思います。


 そしてこのたび、東京都は事業で立体化される新しい駅舎の外観デザインを公表しました。

 笹塚駅と八幡山駅はすでに高架駅ですので、それをのぞいた7駅のイメージというわけですね。

 いずれも近代的な雰囲気で、それぞれの街の様子や歴史を反映させているということです。ただ、管理人が写真を撮影した桜上水駅は、周辺の住宅街との共存を目指したそうで、あまり個性がない感じですかね(汗)

 詳しいイメージ図はこちら

     ◇

 ご存知の通り、ライバルの小田急小田原線では一足先に高架複々線化が完了。通勤時間帯の列車を大幅に増発したことで、混雑率が大幅に緩和されました。JR中央線でも三鷹―立川間で踏切が解消されており、現在10両で走るすべての快速電車にグリーン車2両を増結する準備が進んでいます。

 京王線では調布市内の地下化の事業が先行したこともあり、23区内の対策の遅れが際立っていましたが、徐々に進展しているようです。踏切での不幸な事故やトラブルがなくなることは大きなメリットですが、多摩地区の住民としては、ぜひ混雑の緩和にも取り組んでいただきたいですね。

 なお、今回の事業に合わせて各駅周辺では駅前広場や都市計画道路の整備が予定されているほか、明大前と千歳烏山の両駅は追い越し可能な2面4線の駅(調布駅や京王多摩センター駅みたいなホーム)になるそうです。今後も街の風景がどんどん変わっていきそうです。


 ※ 撮影地点はこの辺です



テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

ヤギの季節


 
 今年もやってきました。多摩センター中央第3駐車場ののり面のヤギ。4頭います。

 掲示によると、彼らは2014年から活動していて、今年で6年目。すっかり街に溶け込んでいますね。
 写真ではくつろいでいるのですが、今シーズンは11月下旬まで除草に励むようです。

 5月5日(日)子どもの日には、エサやり体験イベントがあるようです。親子でのお出かけによさそうですね。


 ところで、子ども向けといえば、クロスガーデン多摩の2階にこのほど、屋内遊園地ファンタジーキッズリゾートさんがオープンしました。かなり前に紹介した京王堀之内駅前の東京あそびマーレさん同様、全天候型の子ども向け遊戯施設ということです。

 クロスガーデン多摩の同じフロアには、体操教室のネオスポーツ・キッズさんが先行してオープンしており、子ども向けの施設を充実させて近隣のショッピングセンターとの差別化を図っているようです。


 そしていよいよゴールデンウィーク。お出かけスポットに悩むお父さんお母さんも多いのではないでしょうか。

 多摩センターでは5月3日から5日にかけてガーデンシティ多摩センターこどもまつり2019と題したイベントが催されます。

 パルテノン大通りとハローキティストリートを中心とするエリアで、各種イベントがありますので、お出かけ計画の参考にどうぞ。詳しくはこちら

 10連休をとれた!という方も、お仕事があるという方も、みなさんそれぞれステキなゴールデンウィークを。

テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

全薬工業が新研究所


 

 八王子市南大沢の京王・神奈中バス南大沢4丁目停留所前に医薬品や健康食品などを製造・販売する全薬工業さんが新たな研究拠点を開設することが明らかになりました。

 全薬工業さんといえば「ジキニン飲んで♪」のCMでおなじみの総合感冒薬が特に有名ですね。
 女優の岡江久美子さんが登場するCMを当たり前のように見ておりましたが、最近は波瑠さんなんですね。わお。


 話を戻しますと、今回の建設予定地はイトーヨーカドー南大沢店の立体駐車場裏側の輪舞歩道橋に面する元平面駐車場だった場所です。

 現場にはすでに「建築計画のお知らせ」が掲出されております。

 それによると、建物の名称は「全薬工業株式会社 (仮称)南大沢新研究開発センター」。
 およそ1万6千平方メートルの敷地に地上4階(高さ27.5メートル)地下1階の建物が建設されます。

 工事は6月1日からの予定ですが、管理人が見たときにはまだ施工者の欄が空欄でしたので、かなりハードなスケジュールなのかも知れません。

 完成は2020年秋の予定。南大沢の街とともに、ますます発展してもらいたいですね。


※ 場所はこの辺です


テーマ : 報告・レポート
ジャンル : 日記

プロフィール

おおさわたぬき

Author:おおさわたぬき
東京都八王子市の南部、多摩ニュータウン西部の拠点として伸びゆく街・南大沢。このエリアの話題とニュースを不定期更新でお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログランキング
検索フォーム
QRコード
QR
FC2カウンター