【夏の鉄道特集その2】横浜市営地下鉄ブルーライン、新百合ヶ丘延伸か



 小田急線の新百合ヶ丘駅です。

 デビューしたばかりのロマンスカーGSE(70000形)のバーミリオン(朱色)と、MSE(60000形)のフェルメールブルーが、多摩線のホームを挟んで行き交う「奇跡の瞬間」?を撮影しました(笑)


 小田急線ユーザーにはお馴染みですが、小田原線(本線)と多摩線が分かれることから、多摩ニュータウンへの玄関口の一つと言えますね。

 現在は小田急線の駅しかない新百合ヶ丘ですが、ここになんと、横浜市営地下鉄ブルーラインを乗り入れる計画が現実味を帯びてきました。

 新百合ヶ丘って横浜市なの?と思ったあなたは神奈川県の地理に明るい方ですね。その通り、新百合ヶ丘は川崎市麻生区にあり、駅のそばには区役所(区庁舎)もあります。

 川崎市に横浜市営地下鉄というのは無理なんじゃない?と思いきや、それがそうでもなさそうなんです。

■一致する両市の思惑

 横浜市がこの計画を進める背景は、市の北西部にあたる港北ニュータウンやあざみ野周辺の人口が増えてきたことに加え、東急沿線から小田急沿線へのアクセスが不便なため、市民からの要望が高いことが挙げられます。

 すでに横浜市の調査は本格化しており、もはやルートの選定といった雰囲気すらあります。


 一方の川崎市もわりと前向きなんです。川崎市は多摩川に沿って横長の地形で、東京湾に近い中心部と、新百合ヶ丘などの内陸部の行き来がとても不便だったため、川崎縦貫鉄道を通す計画でした。小田急多摩線はその際に乗り入れることも想定していて、写真の真ん中にあるホームの手前側・新宿寄りに少し広いスペースがあります。実現していればそれはもう便利だったことでしょう。

 しかし、川崎市は財政負担が極めて大きいとして、今年3月にこの計画を廃止しています。詳しくは川崎市の公式ページをどうぞ。


 川崎市の発表と前後して、横浜市長は、市営地下鉄ブルーラインをあざみ野から新百合ヶ丘に延伸する計画について、18年度中(つまり今年度!)に方向性を示すと議会で答弁しました。

     ◇

 横浜市の計画では、すすき野という住宅地付近に駅を設置して、新百合ヶ丘駅まで伸ばす計画です。駅間を考えると、すすき野と新百合ヶ丘の間の王禅寺付近にもう一駅出来そうですが、川崎市内になるのでそこは川崎市次第といったところでしょう。

 延伸時の新百合ヶ丘駅は、現在の南口ロータリー付近(イオンスタイルやバスターミナル辺り)を想定しているようです。なお、ブルーラインはパンタグラフのない第3軌条方式を採用しているため、小田急線との乗り入れはほぼ不可能と言えます。残念ながら。


■それでも実現すると便利!!

 これまで多摩ニュータウンの住民にはなじみがなかった横浜市営地下鉄。少しご紹介すると、ブルーラインとグリーンラインの2路線があり、主力のブルーラインはあざみ野から港北ニュータウンを抜けて、新横浜、横浜、上大岡、戸塚を経て湘南台に至る路線です。つまり、計画が実現した場合、新百合ヶ丘から新横浜や横浜駅までがつながるのです。

 多摩地区から横浜方面に向かう場合、現在はJR横浜線の利用が一般的。ただ、横浜線は横浜駅の手前の東神奈川駅止まりの列車も多く、2回乗り換えて所要時間は1時間半、場合によっては激しい混雑というおまけ付き、なんてことも。地理的には遠くないのですが、東海道新幹線には東京駅から乗る方が便利だったりします。

 新百合ヶ丘からブルーラインを使う新ルートも乗り換えが必要ですが、ダブルルートになって混雑する横浜線との客の分散が期待でき、多摩ニュータウンの利便性向上に資することでしょう。

 懸案となっている小田急線の向ヶ丘遊園―新百合ヶ丘の複々線化も前進するかも知れませんね。

 というわけで、今年度中の発表に注目です。


※新百合ヶ丘駅周辺図




スポンサーサイト



テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おおさわたぬき

Author:おおさわたぬき


東京都八王子市の南大沢を拠点にブログをスタート。東京都心から西へおよそ30~40キロ、多摩ニュータウンと周辺エリアの話題を不定期更新でお届けします。

最新記事
最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
ブログランキング
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ